女性へ腕時計をプレゼントするなら!知っておきたいポイント特集

腕時計

女性へのプレゼントでおすすめの腕時計とは?

卓上の腕時計

男性から女性へプレゼントする場合、どんなものが喜んでもらえるのかと頭を悩ますかもしれませんね。親しい方なら欲しそうなものも分かっているので迷いませんが、そうでない場合は迷いますよね。女性へのプレゼントとして無難に贈りやすいものは色々ありますが、見栄えも良くて比較的抵抗なく使えるものと言えば腕時計かもしれません。
腕時計なら数があっても困りませんし、シーンに合わせて使い分けができるので喜ばれやすいはずです。とは言っても女性用の腕時計は色々ありますから、選ぶ際にはまた迷ってしまいます。そこで比較的どんな女性にも喜ばれやすい腕時計を、幾つかご紹介したいと思います。まずプレゼントする以上は高級感があるものが相応しいので、人気ブランドのシンプルなデザインの腕時計がおすすめです。日本ブランドも海外ブランドもあり、ベルトは金属製のものの方が無難に使いやすいでしょう。
女性が好む腕時計として、ベルトの部分がやや長めのブレスレットタイプの腕時計があります。こちらもお洒落感があるので、プレゼントとしておすすめです。また、付け替え可能な複数のベルトがセットになった腕時計もおすすめです。気分や好みに合わせてカスタムできるので、使いやすさで喜ばれる腕時計としておすすめです。

腕時計をプレゼントとして選ぶ際の3つのポイント

腕時計はプレゼントにもってこいなものの一つですが、ムーブメントという区分で、大きく3つに分けられ、それによってメリット、デメリットが異なるため、プレゼント用にカスタムする上での基準として考えることができます。まずクォーツ型ですが、これは所謂電池で動くタイプで、最も一般的な腕時計といえます。女性用はこのタイプが多いですが、このタイプのメリットは、比較的安価で、高い精度を持つことが特徴です。ただ、デメリットとして、時計の寿命が10年程と短いことも特徴といえます。
次に自動巻き式ですが、これは男性用の高級時計に多いタイプで、持っているだけでステータスとなります。数十年という長い間使えるということもメリットの一つでしょう。ただ、これはとてもデリケートなタイプであるため、取り扱いに注意が必要です。磁気や衝撃に弱いため、その点はデメリットといえます。
最後に手巻き式ですが、これは自動巻き式同様ゼンマイで動くタイプです。手巻き式は自分でねじを巻くということで手間のかかる点がデメリットですが、逆にその手間があるために、愛着が持てる、というのも魅力です。ビジネス用よりも趣味として使うに適したタイプといえます。プレゼントを贈る相手の用途によって、適した腕時計を選ぶとより喜ばれるでしょう。

プレゼント用の腕時計を選ぶなら年代もチェック項目に!

実は一口に腕時計といっても、それは形や大きさが普遍的なものではなく、時代によってそのデザインも変わり、時計自体の大きさにも流行り廃りというものがあります。かつては腕時計とは時計の心臓部のムーブメントがクオーツではなく機械式しかなかったので、腕時計は薄くて小さければ小さいほど時計メーカーの技術力が高いとされていた時代もありました。
しかし、機械式腕時計のムーブメントに比べて小さくて薄いクオーツが登場してからは、そのような考え方から時計業界は開放されたのです。そしてそれは今日では腕時計も大きくて自己主張も強いものが好まれる傾向がかなり強くなってきていると感じられるのです。つまり、「デカアツ」ブームです。大きくて厚い腕時計は一時期時計業界の主流となりました。
しかし、最近ではそのゆりもどしで、一時期よりも小さめの腕時計も販売され始めています。もちろん、このような腕時計の話はスイス高級機械式腕時計メーカーだけではなく、手軽にカスタムでき、プレゼントとして重宝されるような腕時計にもその変化の一端を垣間見ることができるのです。ですから、プレゼントとして腕時計を選ぶ時には、この時計業界の大きな潮流を考えて流行にマッチした商品を選ぶことができれば、腕時計をプレゼントされた方も満足を得られると思います。